赤ちゃんのげっぷについて

私が苦労したことの一つ
今でも得意ではありません・・・

それは赤ちゃんのげっぷ
上手く出してあげれません

ママがやるとすぐに出るんです・・・
やっぱりママには適いません

そもそもげっぷってって何???
げっぷをさせていけない理由って???

そうですよね、私も子供が産まれるまでげっぷ
重要性理解していませんでした
ママに教えてもらいました

akachan_geppu.png

げっぷが赤ちゃんにとって必要な理由とは一体何なんでしょう???
私が勉強、知っている限りで紹介したいと思います
そもそもげっぷとは胃の中に空気やガスが溜まり、
それらが口から自然に排出される現象だそうです
そんなげっぷが赤ちゃんに必要なのは、なぜでしょうか???

一般的には以下のような理由が考えられるようです
・ミルクをしっかり胃の中に入れて消化吸収させるため
・飲んだミルクを吐き戻さないようにするため
・気管が詰まり、息苦しくならないようにするため
・空気がお腹を圧迫しないようにするため

ミルクを飲んでからずっとげっぷをしないでいると、
胃は飲み込んだものを溜めきれず逆流が発生し、
口から吐き戻してしまいます

つまり、正常にミルクを消化させてあげるにはげっぷが欠かせないのです

げっぷは、人間だけでなく動物にもみられ、
胃の中の食べ物や飲み物を消化した際に自然に起こりますが、
赤ちゃんはまだ自分でげっぷができないので、
ミルクと一緒に空気を飲み込んだものがかたまりとなって、
一気に胃から口の方へ出てきます

そこで、ミルクを飲んだ後は、
一緒に飲み込んだ余計な空気を胃から出してあげるために、
げっぷの手助けしてあげましょう

じゃげっぷをいつまでさせてあげないといけないのか???
それは個人差もあるそうですが、基本的には生後5か月~6ヵ月頃
だと言われています

要するに、首が座り寝返りをするようになると自分で出来る様に
なるみたいですね
首が座るまでは、ミルクを一気に飲めるように喉頭蓋が大人よりも
高い位置にあるそうです
その為空気も一緒に胃の中に取り込んでしまうので
げっぷが必要になるんですね

更に寝返りをするようになると体が動く事により
自然にげっぷが出る様になるといく事です

げっぷを出してあげないと胃に空気が溜まり、赤ちゃん自身も
苦しくなってしまったり、吐き戻しをする原因にもなります
最悪の場合は呼吸困難にもなり兼ねる事になるので
げっぷは出してあげる様にしましょう

私の子供ななかなか上手くげっぷを出せるほうでは
なかったので非常に苦労しました
ひどい時には10分以上抱っこをして背中をさすったり
トントン叩いたりして頑張っていました

赤ちゃんは何もかもママとパパの力を借りないと
いけないのですね

日々勉強
日々成長ですね
子育てって本当に大変です
ママは偉大

この記事へのコメント