統計学が最強の学問である

02221-4-thumb-208xauto-22932.jpg

統計学はどのような議論や理屈も関係なく、
一定数のデータさえあれば最適な回答が出せる。
そうした効能により旧来から自然科学で活用されてきたが、
近年ではITの発達と結びつき、あらゆる学問、
ビジネスへの影響力を強めている。
こうした点から本書では統計学を「最強の学問」と位置付け、
その魅力と可能性を伝えていく。

統計学が最強の学問である

■私の本書を読んでの感想■

統計学とは、ビッグデータを高性能コンピュータで
総当り的に高速計算させて答えを導き出すことをいうのではない。

膨大なデータをいかに効率よくサンプリングして情報を
分析して誤差を最小限まで小さくし、投資対効果のメリット
のある対策を見つけ出す技術のことだということが、良く分かった。

例えば、マーケティング調査では、調査対象が
1万人の場合誤差が0.9%、2万人の場合は0.6%だったとして、
0.3%の精度を上げるためにコストをかけて調査対象を
増やすべきかどうか、といった議論が事前に出来るようになると思います。
こういった知識は、自分の仕事でも使えるはずなので、
勉強したいと思います。とはいえ、この本だけでは、
回帰分析・カイ二乗検定など、言葉と用途は出てくるが、
詳細な内容説明は無いので、読んだらすぐに
実用できるわけではない。
次は、実際の数式で勉強する本を読み、またこの本のポイントを
読み返すことで、実用知識として身に付けたい。

統計学だけでは簡単に答えの出ないこともある例として、
暴力的ゲームと少年犯罪の因果関係というのが
あげられて興味深かった。

普通の子が暴力的ゲームに影響されて犯罪をするものか、
もともと暴力的な性格の子が暴力的ゲームを好むのか、
どちらが先なのか調べようがない。
また、アンケート対象の親が、子供のやっている
ゲームを暴力的と感じるかどうか人それぞれであるし、
もしかしたら、ゲームに対する理解が無く
「そんな暴力的なゲームばっかりしちゃダメ!」
とか言う怒りっぽい親の子が、遺伝的に犯罪しやすいのかもしれない。

たしかに、考え出したら答えは一つじゃないかも。

私は、「統計」を生かすも殺すも状況分析力と
臨機応変な判断力が必須になってくるのではないかと思います。

ビジネスシーンにおいて、「何が最強であるのか?」
という答えは、非常に難しい。

私がその答えを導きだすためには、
もう少し知識と経験を積まなければ出せない答えです。

この書を読みまず私は以下の事に注目し、実践していこうと!

データをビジネスに使うための「3つの問い」
【問1】何かの要因が変化すれば利益は向上するのか?
【問2】そうした変化を起こすような行動は実際に可能なのか?
【問3】変化を起こす行動が可能だとしてそのコストは利益を上回るのか?

上記のような3つのことに答えられると、
ビジネスにおいて利益を向上させられることを行えると思います。

データに限らず、こういうことを考えるのが、
行動を起こす前には考える必要があるでしょう。
それが仮説だとしても、こういうことを目指して
うまくいったかいかないかを確かめると、次に生きてくるのではないか。

「だからビジネスにおいて解析すべき指標は、直接的な利益か、
あるいはそこに至る因果関係の道筋が明らかな何か、ということになる。」
直接的に利益になるかどうか?
もしくは利益の向上につながるものは何か?ということを探す。

上の3つの問いに答えられれば、利益は増えるだろうし、
そういう行動を探すことが、ビジネスの価値を
高めることにつながると思います。

取り入れたいと思ったこと⇒利益につながっているか?
これを考えると、行動が変わるはず。

もしつながっていないなら、変える必要がある。
それをデータや統計で行う。その考え方がわかる本です。
まずは、今の行動が利益につながっているか、考えたい。

レベルの高い書籍!!一言で言うと難しい・・・
私にはまだ早いのか・・・笑

この記事へのコメント